サービス付き高齢者住宅の費用

サービス付き高齢者向け住宅の入居にかかる費用は?

 サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)では、入居するときに払う初期費用と、暮らしている間に毎月払う費用の2種類がかかります。まず、 初期費用ですが、サ高住への入居には通常の賃貸借契約と同様に、敷金がかかります。 なかには敷金不要で初期費用がまったくかからない物件もあります。礼金、更新料などは不要ですが、前払い家賃や保証金(月額利用料が滞ったときに充てられる費用)などが徴収される場合があるので、家賃の2カ月分から半年分相当を見ておくとよさそうです。
また、物件によっては、入居時に一定期間の家賃を一括前払いする方式を採用しているところもあります。この場合は算定の基礎や途中で退去した場合の返還金額について確認しておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅の費用目安
入居時
(目安)
不要〜数百万円 月額費用
(目安)
10万円〜30万円

入居一時金は保全措置や償却期間などをチェック

 サ高住と有料老人ホームの最も大きな違いは、その契約方式にあります。有料老人ホームはホーム内の施設やサービスを利用するための権利を買う、いわゆる「利用権契約」という方式で、入居時に一定期間の家賃やサービスの前払い金として数十万円~数千万円の入居一時金を払う場合が一般的です。それに対し、 サ高住は賃料を払い、住まいを借りるという、いわゆる「賃貸借契約」という方式。 入居時に必要なのは敷金などですが、金額は不要〜多くても数百万円で済みます。ただし、サ高住のなかには有料老人ホームとしても登録された住宅もあります。その場合、サ高住であっても「利用権契約」方式をとっていて、入居一時金として数千万円の前払い金を払うケースもあります。サ高住は民間企業が運営している場合が多く、倒産の可能性がないとはいえません。前払い金の保全措置があるか、また、途中で退去することになった場合は前払い金の返還があるのか、償却期間や償却率を確認しておく必要があります。

入居一時金の返却〜途中退去の場合はいくら返還される?

サービス付き高齢者向け住宅の月額費用は?

  入居後は毎月の家賃と管理費(共益費)がかかります。 管理費は物件内の施設の維持管理などに充てられる費用です。サ高住に必ず付帯する見守りや生活相談のサービス料金は、管理費とは別に徴収される場合もあります。また、これ以外に生活支援サービスを受ける場合は、その費用がかかります。例えば、食事提供サービスなどは利用した食事の回数分だけ払う実費請求のほか、毎食利用することを前提とした定額制もあります(定額制の場合は月額4万円未満に収めているところが多いようです)。居室にキッチンが付いているなら、元気なうちは自炊し、必要に応じて食事提供サービスに切り換えるという選択もできます。物件内で暮らしながら外部の訪問介護・看護サービスを利用することも可能です。この場合は、要介護度と収入に応じた介護サービス費の自己負担分を支払います。

サービス付き高齢者向け住宅に入居した場合の費用モデル
SUUMO介護編集部
2016年01月26日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す