ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウス(軽費老人ホーム)ってどんなところ?

  軽費老人ホームとは、身寄りがないなど、家族との同居や援助が困難な事情がある高齢者が入居できる住まいです。食事や日常生活に必要なサービスの提供があるA型と、自炊で生活支援サービスは限定的なB型、ケアハウスと呼ばれるC型があり、ケアハウス(C型)は、基本的に自立している人を対象とした自立型と、介護付有料老人ホームと同じ「特定施設」で日常的な介護が受けられる介護型の2つに分かれます。

 なお、2008年からA型とB型は設備や人員の基準をケアハウスに統一し、建て替えを行うまでの経過的軽費老人ホームとなりました。新設はケアハウスのみで、今後はケアハウスが中心となります。こうした背景を踏まえ、ここからはケアハウスを中心に説明をしていくことにします。

軽費老人ホームはA型・B型・C型がある

ケアハウス(軽費老人ホーム)の入居条件は?

  ケアハウス(軽費老人ホーム)は身寄りがないなど、家族との同居が困難で、独立して生活するには不安があるという高齢者を対象にしています。ケアハウスの自立型と軽費老人ホームのA型・B型は原則60歳以上で、自立から軽度の要介護者、ケアハウスの介護型は原則65歳以上で、要介護1以上の人が入居できます。

 そのほか、伝染病疾患や精神的疾患がなく、共同生活に順応できる人、身元保証人を入居条件としているホームが多いようです。一部ですが、ホームのある自治体に居住する人に限定して入居を受け付けるケース、また、自治体居住者を優先するケースもあります。

ケアハウス(軽費老人ホーム)の入居条件
自立型ケアハウス/軽費老人ホームA型・B型
年齢 原則60歳以上
身体状況 自立~軽度の要介護
介護型ケアハウス
年齢 原則65歳以上
身体状況 要介護1以上

ケアハウス(軽費老人ホーム)の設備・スタッフ

 ケアハウスは原則個室で洗面所やトイレ、収納スペース、簡単な調理設備が設けられています。食事提供と安否確認、入浴のサポートなどが主なサービスなので、浴室は共同となります。居室の広さは21.6㎡以上で、夫婦や兄弟で利用できる2人部屋の場合は31.9㎡以上。食堂とリビングを兼用した共同生活室のあるケアハウスの場合は単身で15.63㎡、2人部屋で23.45㎡以上です。

  介護型のケアハウスは、介護付有料老人ホームと同じように、施設内に常駐するスタッフから日常的に介護サービスを受けることができます。自立型のケアハウスに入居し、途中で支援や介護が必要になった場合は、デイサービスやヘルパーなど外部の介護サービスを利用することになります。 ※軽費老人ホームのA型・B型は、設備やスタッフの基準はケアハウスに統一されています。

ケアハウスの主な設備・スタッフ
居室 1人部屋は21.6m 2 以上、2人部屋は31.9m 2 以上
共用施設 談話室、食堂、浴室、洗面所、便所、調理室、面談室、洗濯室または洗濯場、宿直室
※共同生活室のあるケアハウスの場合は居室の広さが緩和されます
生活相談員 1人(常勤)
看護職員または介護職員 要介護者3人に対し1人以上、要支援者10人に対し1人以上。ただし、看護職員、介護職員ともいずれか1人以上常勤
機能訓練指導員 1人以上
介護支援専門員 1人
※「特定施設入所者生活介護」指定を受けたケアハウスの一例

新たに登場した都市型軽費老人ホーム

 高齢者向け住宅はニーズが高いものの、建設に多額の資金がかかるため、地価の高い都市部では数が増えにくいという問題がありました。そこで登場したのが、従来のケアハウス(軽費老人ホーム)の居室面積やスタッフ配置の基準を緩和した「都市型軽費老人ホーム」です。 都市型軽費老人ホームは入所定員を20人以下とした小規模な老人ホームで見守りサービスなどがついていることが特徴。 居室の面積を最低7.43㎡とし、トイレやキッチン、洗面所などの設備を共同利用することで、施設の建設や運営の費用を抑え、入居者の費用負担を少なくしています。ただし、現在この特例の適用を受けられるのは首都圏、近畿圏、中部圏の一定の区域のみ。入居できるのはホームが整備される市区町村に住民票がある人に限られます。

都市型軽費老人ホームの整備が認められている区域
区域 都道府県 既成市街地など
首都圏 東京都 東京23区、武蔵野市の全域
三鷹市の特定の区域
神奈川県 横浜市・川崎市の特定の区域
埼玉県 川口市の特定の区域
近畿圏 大阪府 大阪市の全域
守口市、東大阪市、堺市の特定の区域
京都府 京都市の特定区域
兵庫県 神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市の特定の区域
中部圏 愛知県 名古屋市の特定の区域

ケアハウス(軽費老人ホーム)を選ぶときのヒント

 ケアハウス(軽費老人ホーム)は、比較的元気で、自由に動き回れるうちに入居するので、足回りのよい立地であるかどうかも重要です。もちろん居室の広さや設備が整っているかということも大切ですが、交通の便が悪いところでは、外出や生活の場が制限され、老化を早める結果になってしまう可能性もあります。元気なうちのケアハウス選びでは、交通機関や買い物の利便性、また、市街地から離れた場所の場合は、送迎サービスなどがあるかなどもチェックしましょう。

SUUMO介護編集部
2016年03月08日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す