介護付有料老人ホームとは

介護付有料老人ホームってどんなところ?

有料老人ホームとは介護や食事、家事援助、健康管理のいずれかのサービスを提供する高齢者向け住宅の総称で、「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3つがあります。このうち、 24時間体制で介護が受けられ、最期まで居られるのが介護付有料老人ホームです。 パンフレットなどで「介護付」と表示されているのは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた介護施設であり、 入居者は定額で介護サービスを受けられる 点が住宅型や健康型との大きな違いです。

有料老人ホーム3タイプ

介護付有料老人ホームの入居条件は?

 介護付有料老人ホームは 入居のときの身体状況により、「介護専用型」「混合型」「入居時自立型」の3タイプ に分けられ、受け入れ条件はそれぞれ異なります。入居時に自立していた人が、その後要介護となった場合でもそのまま暮らすことができるので、元気なうちに入居時自立型に入居し、そこを ( つい ) 住処 ( すみか ) とすることも可能です。また、混合型の場合は、例えば夫が要介護で、妻が自立といったケースでも可能です。
 なお、介護付有料老人ホームに入居し、介護保険のサービスを利用する場合には65歳以上である必要があります。

入居時の身体状況で入居条件は異なる
介護専用型 混合型 入居時自立型
入居時に介護が必要な人のみ 入居時に自立、または要支援、要介護でも可。例えば、夫婦の一方が要支援、要介護などの場合など 入居時に自分の身の周りのことが自分でできる人

介護付有料老人ホームの設備・スタッフ

 介護付有料老人ホームは利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供する「特定施設」です。そのため、設備や介護・看護に携わるスタッフの最低基準が決められています。居室は原則個室(夫婦の場合は2人利用も可)。居室内にトイレ、洗面台、収納スペースが備え付けられていて、これ以外に共用部分に食堂や談話コーナー、浴室があるのが一般的です。
 入居時自立型の場合は、セカンドライフを楽しめるように、アトリエや麻雀室、大浴場など多彩な共用施設を備えていることもあります。

設備・スタッフの最低基準
設備 原則個室
スタッフ
管理者 原則専従1名(支障がない場合は、施設内、同一敷地内の施設の他職務に従事可)
介護職員・看護職員 要介護、要支援2の利用者3人に対し、介護または看護職員を1人以上
機能訓練指導員 1人以上(兼務可)
生活相談員 利用者100人に対し生活相談員1人以上。ただし、生活相談員のうち1人以上は常勤者であること
計画作成担当者 利用者100人に対し計画作成担当者1人以上(兼務可)

介護付有料老人ホームを選ぶときのヒント

 公的な介護保険施設に比べると物件数が多く、入居しやすいメリットはありますが、入居時の費用はやや高めです。介護付有料老人ホームの運営は民間企業から社会福祉法人、医療法人などさまざまですが、運営母体がどのような系列の企業・団体・法人かで、医療体制や文化的な定例イベント、趣味・サークル活動の充実、食事面や居住アメニティへのこだわりといった特色が異なります。介護付有料老人ホームを探すときはそういったポイントに注目してみると、希望に合うものがより見つかりやすくなります。

SUUMO介護編集部
2015年12月17日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す