住宅型有料老人ホームの費用

住宅型有料老人ホームの入居にかかる費用は?

 住宅型有料老人ホームでは、入居するときに払う初期費用と、暮らしている間に毎月払う費用の2種類がかかります。
 まず、初期費用ですが、 これは家賃の前払いに相当する費用を入居一時金として支払うもので、年齢や要介護度、想定される居住期間などから決められます。一括で前払いする方式のほかに、全額月払い方式や一部を一時金として前払いし、残りを月払いにする併用方式など、選択肢がいくつかあります。 ちなみにパンフレットなどで見かける「入居金0円」というのは、この全額月払い方式のことです。なお、家賃の前払いとしての入居一時金ではないものの、敷金や保証金として数十万円の初期費用がかかる場合があります。地価の高い都市部や広い居室への入居は必然的に家賃が高くなり、入居一時金や敷金なども高めになる傾向があります。

住宅型有料老人ホームの費用目安
入居時
(目安)
数十万円〜数千万円 月額費用
(目安)
15万円〜30万円

入居一時金は保全措置や償却期間などをチェック

 入居一時金は長期間の家賃に相当するため、費用は数千万円と高額になることも。有料老人ホームは民間企業が経営している場合が多く、倒産の可能性がないとはいえません。前払い金の保全措置があるか、また、途中で退去することになった場合は前払い金の返還があるのか、償却期間や償却率を確認しておく必要があります。

入居一時金の償却〜途中退去の場合はいくら返還される?

住宅型有料老人ホームの月額費用は?

 入居後には 食費などのほか、管理費などが毎月かかります。 管理費はいわゆる施設の維持管理に使われる費用ですが、人員の配置が手厚く、また共用施設やアクティビティが充実している住宅型有料老人ホームは管理費も総じて高めです。
 住宅型有料老人ホームは施設内に介護職員が常駐していないので、 介護が必要になったときは外部の介護サービス事業所を利用し、費用は別途支払うことになります。 住宅型有料老人ホームの介護サービス費用には支給限度額があるので、利用する介護サービスが多くなり、限度額を超えた分は全額自己負担となります。介護度が高い人は負担が高額になりやすいですが、逆に介護度の低い人は、利用した分だけを負担する仕組みなので費用を抑えられるというメリットがあります。

75歳・自立で住宅型有料老人ホームに入居した場合の費用モデル

前払い? 月払い? どちらがトク?

 有料老人ホームの多くは、決められた償却期間分の家賃を入居一時金として前払いをする仕組みであることは前述のとおりです。家賃分を前払いしていれば長生きして償却期間を過ぎた場合でも、追加の家賃を支払う必要はありません。長く入居する場合は前払いのほうがトクという考え方もできるでしょう。

SUUMO介護編集部
2015年12月17日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す