グループホームとは

グループホームってどんなところ?

 グループホームとは、 認知症のために日常生活を営むのに支障がある高齢者が5~9人で集まり、ひとつの家族のように共同生活する住まいです。 グループホームでは専門スタッフが入浴、排せつ、食事などの介護や日常生活上の援助を行うとともに、入居者がそれぞれの能力に応じて料理や掃除などの役割をこなすことで自立した生活を送ります。普段の家庭生活と同じ環境のなかで過ごすことで認知症の進行を穏やかにし、家庭介護の負担を軽減します。

グループホームの入居条件は?

 まず大前提として、 入居申し込みができるのは、入居する本人の住民票がある市町村のグループホームに限られます。 グループホームは「地域密着型サービス」として市町村が運営するサービスのため、入居する際は、その地域に住んでいることを住民票の提出で証明する必要があります。
  介護レベルとしては軽度から中程度の人で、要支援1の人は利用できません。 スタッフのサポートがあれば自分の身の回りのことができ、共同生活を送れることが条件です。ホーム内に医師や看護師の配置は義務づけられていないので、病気などで日常的な医療ケアが必要になったときや、常時介護が必要になり、共同生活が送れない状況になったときは、介護付有料老人ホームなどへの転居や病院への入院も検討しなくてはなりません。

グループホームの入居条件
年齢 原則65歳以上
身体状況 認知症の診断を受けた要支援2または要介護1以上の人
※ホームにより異なります

グループホームの設備・スタッフ

 グループホームは小規模な施設のため、一般の民家を改造したものから、豪華な設備を備えた建物までさまざまです。居室は原則として個室(夫婦の場合は2人部屋可)で、7.43㎡以上の広さを有している必要があります。施設の定員はユニットで表記され、1ユニットは5人以上9人以下。例えば、定員が2ユニットのグループホームの場合、1ユニットごとに食堂や台所、居間などを設置していなければなりません。スタッフの数も、ユニットごとに基準が定められています。

グループホームの設備・スタッフの最低基準
設備
ユニット 1事業所当たり2ユニット以下。1ユニットの定員は5人以上9人以下
居室 原則個室。床面積は7.43m 2 (約4.5畳)以上
共同生活住居 1ユニットごとに居間および食堂、台所、浴室を設けること。消火設備その他の非常災害に際して必要な設備
立地 住宅地または住宅地と同程度に家族や地域住民との交流の機会が確保される地域のなかにあること
スタッフ
代表者 介護業務従事経験者または介護事業経営経験者で、厚労省指定の研修修了者
管理者 ユニットごとに専従常勤の者を1人配置。管理上支障がなければ、他の職務と兼務可能。認知症介護の経験3年以上で、厚労省指定の研修修了者
介護職員 ユニットごとに、常勤換算で利用者3人に対して介護職員1人以上を配置。夜間および深夜は利用者の人数に関わらず、宿直勤務ではない通常の勤務者を常時1人以上配置
計画作成担当者 ユニットごとに計画作成担当者を1人以上配置。計画作成担当者のうち1人以上は介護支援専門員(ケアマネジャー)であること。厚生省指定の研修修了者

グループホームを選ぶときのヒント

 入居者が多く、スタッフが時間帯により入れ替わる大規模な介護付有料老人ホームなどとは異なり、グループホームでは入居者もスタッフも少人数で顔ぶれが固定しています。そのため、スタッフや入居者の個性が反映されやすく、相性が合う・合わないといったことが起こりやすいといえます。こうした点は見学だけでは判断が難しいので、デイサービスやショートステイを受け入れている施設ならば、実際に利用して確認してみるとよいでしょう。

SUUMO介護編集部
2016年02月05日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す