介護保険の利用サービス

介護保険の利用サービス

「要介護」の方が利用できるサービスには3種類ある

要介護と認定された方が介護保険で受けられるサービスには①自宅で受ける「居宅サービス」②住んでいる市区町村の住民だけが受けることのできる「地域密着型サービス」③介護施設に入所(または入居)して受ける「介護施設サービス」があります。

① 居宅サービス

訪問介護サービス(食事介助・排泄介助・入浴介助などの身体介護、掃除・洗濯・調理などの生活援助)のほかに通所事業所でのデイサービス、短期入所(ショートスティ)、福祉用具の貸し出しなど12種類のサービスがあり、必要に応じて組み合わせて利用することができます。

訪問サービス
訪問介護 (ホームペルプサービス) 訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問して、入浴、排泄、食事な どの介護、その他日常生活上の世話を行う
詰問入浴介護 訪問入浴サービスの事業者が自宅を訪問して、浴槽を提供して入浴 の介護を行う
訪問看護 看護師などが自宅を訪問して、療養上の世話、または必要な診療の補助を行う
訪問リハビリテーション 理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問して、理学療法、作業療 法、その他必要なリハビリテーションを行う
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士などが自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行う
施設利用サービス
通所介護 (デイサービス) 通所介護事業所で、入浴、食事の提供などの日常生活上の世 話、機能訓練を行う
通所リハビリテーション (デイケア) 介護老人保健施設(老人保健施設)や病院などで、理学療法、作業療 法、その他必要なリハビリテーションを行う
短期入所生活介護ショートステイ 短期入所施設などに短期間入所し、入浴、排泄、食事などの介護、日常生活上の世話、機能訓練を行う
短期入所療養介護 介護老人保健施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(療養型病 床群など)に短期間入所した人に、看護、医学的な管理下における介護、機能訓練、その他必要な医療、および日常生活上の世話を行う
特定施設入居者生活介護 介護付き有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)などに入所している要介護の人などに、入浴、排泄、食事などの介護、日常生活上の世話、機能訓練および療養上の世話を行う
福祉用具貸与 福祉用具のうち、厚生労働大臣が定めるものを貸し出す
特定福祉用具販売 福祉用具のうち、入浴または排泄のためで、貸与がふさわしくないも のを購入したときに購入費が給付される

② 地域密着型サービス

要介護になっても住み慣れた地域(住民票のある市区町村)で暮らし続けることを目的としたサービスで、訪問・通所・宿泊のサービスを随時組み合わせ利用することができる小規模多機能型居宅介護サービス、夜間対応型の訪問介護などがあります。また認知症の方がともに暮らすグループホーム、小規模型(29人以下)の入居型のサービスもあります。事業者は市区町村が指定・監督をします。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 訪問介護と訪問看護を一体的またはそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回型訪問と随時の対応を行う
夜間対応型訪問介護 夜間に、定期巡回の訪問介護、随時の訪問介護、利用者からの通報に対応するオペレーションサービスを組み合わせ提供する
認知症対応型通所介護 認知症高齢者グループホームの共用スペースなどを利用して、少数の在宅の認知症高齢者を受け入れ、通所サービスを提供する
小規模多機能型居宅介護 通いを中心として、随時の「訪問」や「泊まり」を組み合わせて提 供する
認知症対応型共同生活介護 認知症の高齢者に対して、共同生活住居で、家庭的な環境と地域住民との交流の下、入浴・排泄・食事等の介護などの日常生活上の世話と機能訓練を行う。一般的に認知症高齢者グループホームと呼ぶ
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 ・地域密着型介護老人福祉施設(入所定員が29人以下の特別養護老人ホーム)の入所者を対象として、施設サービス計画にもとづいて行われる日常生活上の世話、機能訓練などを提供する ・本体施設と一体のサテライト型事業形態をとることもできる
看護小規模多機能型居宅介護 小規模多機能型居宅介護と訪問看護の複数のサービスを組み合わせたもの。看護と介護サービスの一体的な提供により医療二ーズの高い要介護者への支援の充実を図る
地域密着型特定施設入居者生活介護 地域密着型特定施設(入居定員が29人以下の有料老人ホーム、ケアハウス)の入居者を対象として、日常生活上の世話、機能訓練などを提供する

③介護施設サービス

心身の状態や家庭の都合などで自宅で介護を受けられない方が入居して介護サービスを受けることができるのが介護保険施設です。次の3種類があります。

指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 入居者に、施設介護サービス計画にもとづき、介護などの日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、および療養上の管理を行う
介護老人保健施設 入居者に、施設介護サービス計画にもとづき、看護、医学的管理下で介護、機能訓練、必要な医療、日常生活上の世話を行う
指定介護療養型医療施設 入居者に、施設介護サービス計画にもとづき、療養上の管理、看護、医学的管理下における介護などや機能訓練、必要な医療を行う
「要支援」の方も介護予防のサービスを受けられる

要介護認定で要支援1、2と認定された場合も、介護予防の観点で次のようなさまざまなサービスが利用できます。

① 介護予防サービス

要介護の方が受けられる「居宅サービス」と同じ12種類のサービスがあります。サービスの内容は居宅サービスと同じです。

・介護予防訪問介護

・介護予防訪問入浴介護

・介護予防訪問看護

・介護予防訪問リハビリテーション

・介護予防居宅療養管理指導

・介護予防通所介護

・介護予防通所リハビリテーション

・介護予防短期入所生活介護

・介護予防短期入所療養介護

・介護予防特定施設入居者生活介護

・介護予防福祉用具貸与

・特定介護予防福祉用具販

② 地域密着型予防介護 

要介護の方が受けられる「地域密着型サービス」のうち、次の3種類のサービスが受けられます。サービスの内容は地域密着型サービスと同じです。

・介護予防認知症対応型通所介護 ・介護予防小規模多機能型居宅介護 ・介護予防認知症対応型共同生活介護  

③ 介護予防支援

上記のような介護予防サービスを適切に利用できるよう、介護予防プランの作成や、サービス事業所との連絡・調整などを行います。
介護予防プランの作成は地域包括支援センターの保健師などや委託を受けた居宅介護支援事業者が行います。 ※ 介護施設サービスを利用できるのは要介護の方のみです。要支援の方は利用することができません

監修:ケアタウン総合研究所 高室成幸 (※2015年4月時点の情報)
2015年03月31日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す