身体の条件整理

 高齢者向け住宅(施設)は、「要介護(要支援)者が入居できるところ」と「自立者が入居できるところ」に分けられます。つまり、入居を希望する人の身体状況によって、おのずと選べる高齢者向け住宅(施設)は絞り込まれるということです。ここでは高齢者向けの住まい探しの重要なカギを握る身体状況について確認していくことにしましょう。

身体状況を把握する

 そもそも、介護保険を使って介護サービスを受けるには、客観的に「介護が必要な状態である」と認められる必要があります。この、「介護が必要な状態であるか」「どのくらい必要な状態か」を判定するのが「要介護認定」で、介護度によって、受けられる介護サービスの内容、限度額が異なります。まず一番にすることは、 身体状況=要介護度を把握し、ケアマネジャーや自治体の担当者などに具体的にどんなサービスが受けられるかを確認してみること。 もし、まだ要介護認定を受けていない場合は、まず 市区町村の窓口で要介護認定の申請をしましょう。

 高齢者向け住宅(施設)で受けられるサービスは、大まかに分けると生活支援、介護、医療サービスの3つがありますが、住宅(施設)によって、どのサービスを充実させているかは異なります。自身またはご家族の身体の状況を把握し、具体的にどんなサービスがあれば快適に暮らせるか考えましょう。

高齢者向け住宅(施設)で受けられる主なサービス

要介護度、認知症対応でチェックする

 特別養護老人ホームや老人保健施設などの公的な施設では入居できる介護度の基準が決まっています。それに対して、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなどの 民間企業が運営する高齢者向け住宅は、企業の運営方針で入居できる身体条件が異なり、自立者のみに限定しているところもあれば、比較的介護度が進んだ人も入居できるなど対応はまちまちです。認知症患者に対応するか否かも住宅ごとに対応が異なります。 グループホームのように認知症の人のみを対象としている住宅があるほか、介護付有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅のなかには、認知症の人専用のフロアやユニットを設置しているところもあります。入居後、介護度が進んだり、認知症の症状が重くなった場合は退去の可能性もあるので、入居時の身体条件だけでなく、入居後の変化にどう対応するかも併せて確認しましょう。

入居可能な身体条件
施設名称 身体条件
自立 要支援 要介護 認知症
介護付有料老人ホーム 入居時
自立型
× × ×
介護型・
混合型
住宅型有料老人ホーム
グループホーム × 要支援2
以上
サービス付き高齢者向け住宅
特別養護老人ホーム × × 要介護3
以上
介護老人保健施設 × ×
介護療養型医療施設 × ×
ケアハウス 自立型 × ×
介護型 ×
※△は相談可。上記はあくまで目安であり、実際の受け入れ条件は施設により異なります

必要な医療体制があるかを確認する

 より重い介護状態になれば必然的に医療処置が必要な場面も増えてきます。高齢者向け住宅(施設)のなかには、胃ろうやカテーテル、糖尿病対応など、継続した医療処置が必要な人の入居を制限するところもあります。その一方で、最近は、医療法人が運営する有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などで、医療依存度の高い入居者にも対応するケースが増えてきました。 医療処置の内容は、医療機関との連携体制や看護職員の配置人数により差があるので、不安な点は直接確認してみるとよいでしょう。

SUUMO介護編集部
2016年03月10日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護ガイド
記事を探す
RSS
広告
  • HELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)
気になる介護用語
    高齢者向け住宅を探す